MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

ねがはくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃

名言名句
ねがはくは花のし
たにて春死なんそのきさらぎの望月の頃
【解説】
満月の光の中に白く浮かび上がる満開の桜。その下ではらはらと散る花びらに埋もれながら死を迎えたい。
二十三で出家したとはいえ、この歌は僧のものとは思えない。後鳥羽院に「不可説の(言葉ではいいようのない)上手なり」と評価された『古今和歌集』を代表する歌人、西行ならではの優美でかつ深遠な歌である。桜を愛する日本人ならではの感性ともいえる。しかも西行はこの歌のとおり、陰暦二月十六日に亡くなったという。まさに自分の美学を貫いた人生だったのだ。
【作者】西行
【生没年】1118~90
【職業】歌人
【出典】『山家集』
【参考】西行はこよなく桜を愛した。一説に、鳥羽上皇の中宮であった待賢門院璋子にひそかに恋し、二十三歳という若さでの出家もその苦悩ゆえであったといわれる。そうだったとすれば、西行にとっては桜は待賢門院の化身であったのだろう。ちなみに、西行は平清盛と同年の生まれ。平安末期から保元・平治の乱を経て鎌倉幕府成立へと移り変わる激動の時代を生きた。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450158

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト