MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 豊かに生きる

たのしみはとぼしきまゝに人集め酒飲め物を食へといふとき

名言名句
たのしみはとぼし
きまゝに人集め酒飲め物を食へといふとき
【解説】
いつもホームパーティーをやっているような裕福な家庭ではない。貧乏暮らしのなかで、祝い事やうれしいことがあったときに親しい人を呼び集めて酒食をふるまう。来る人も何かしら持ち寄り、狭い家の中をいっぱいにして語り合い楽しいときを過ごす。イタリア映画の名作『鉄道員』にもそんなシーンがあった。そんなささやかな楽しみの温かさが幸せでなくてなんだろう。
【作者】橘 曙覧
【生没年】1812~68
【職業】歌人、国学者
【参考】橘曙覧は江戸末期の歌人。福井に住み、清貧の生活に甘んじて家族への愛の生涯を送った。この歌は、「たのしみは」で始まり「のとき」でしめくくる歌を集めた『独楽吟』のなかの一つ。天皇・皇后両陛下のご訪米の際、当時のクリントン大統領が「たのしみは朝起き出でて昨日までなかりし花の咲ける見るとき」をスピーチのしめくくりとしたことは有名である
正岡子規が「源|実朝以来、歌人の名に値するものは橘曙覧ただ一人」と絶賛したことからその名が広く知られるようになったという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450062

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト