MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 人生を切りひらく

人の一生は重き荷を負うて遠き路を行くが如し急ぐべからず

名言名句
人の一生は重き荷
を負うて遠き路を行くが如し急ぐべからず
【解説】
戦乱の世を平定し、江戸幕府を開いた徳川家康の遺訓の一節。忍耐を重ねて天下をとった徳川家康生き方がにじみ出ている人生訓である
この言葉のあとには「不自由を常と思えば不足なし」「おのれを責めて人を責むるな」などの言葉が続いている。
【作者】徳川家康
【生没年】1542~1616
【職業】江戸幕府初代将軍
【出典】『東照公遺訓』
【参考】家康は三河岡崎城主の嫡男として生まれるが、六歳で今川義元の人質となり、以後十二年間も虜囚として過ごさなければならなかった。この間の忍従が彼の人生観をつくったといえよう。家康が城主として独立できたのは桶狭間の合戦で義元が敗死してのちのことだったが、その後も織田信長豊臣秀吉が天下とりに奔走する間、機をみてじっと待ちつづけたのだった。しかし、そんな家康も、大坂冬の陣から夏の陣にかけては寿命との競走で、急がざるを得なかったようだ




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450009

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト