MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東洋医学のしくみ >

■総合的な判断

' この段階で、予診、診察1と2の結果とそれらからわかったことを総合していよいよ最終的な診断を下すことになります。
 この患者の場合は、次のように診断されます。

日常的には脾気の不足による水液運搬機能の低下で湿の停滞があり、これらが経筋に影響して慢性的な腰の鈍痛を起こしている。そして今回のように、疲労やビールによる過度の水分摂取に重ねて冷気や雨に遭遇すると、寒湿の病邪が急激に侵入して激痛を起こし、局部の血行が障害されて血まで形成してしまっている。'




日本実業出版社 (著:関口善太)
「東洋医学のしくみ」
JLogosID : 5030028


【辞典内Top3】 六気と天人相応  補法、瀉法  気功師?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 標準治療(寺下医学事務所) 

関連書籍

 日本実業出版社「東洋医学のしくみ」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:関口善太
価格:1,620
収録数:115
サイズ:20.8x14.8x1.6cm(A5判)
発売日:2003年7月
ISBN:978-4534036179

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト