MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 歯科・口腔外科

歯石とスケーリング
【しせきとすけーりんぐ】

 長期間プラークが歯に付着したままで放置されていると、その中に取り込まれ、唾液成分のカルシウムやリン酸から硬い結晶物が生成されます。これが歯石です。歯石は誰にでも、またどの歯にもつきますが、とくに下顎(かがく)の前歯の裏側と上顎(じょうがく)の奥歯の外側につきます。歯石のところでは細菌が繁殖し、歯肉炎を起こしたり、すでに始まっている歯周病を悪化させます。歯石のつきやすさには個人差が大きく、唾液に含まれるミネラルの量の多少、歯並び、歯磨きの巧拙(こうせつ:上手下手のこと)などによって違ってきます。
 歯に付着した歯石を除去することをスケーリングあるいは除石(じょせき)、歯石除去といいます。この処置は、スケーラーと呼ばれる小器具を用いて歯科医師または歯科衛生士が行います。スケーラーは、小さな刃物でできたハンドスケーラーと超音波の衝撃で除去する超音波スケーラーがあります。見えるところについたバター色の歯肉縁上歯石は簡単にとれますが、大切なのは歯肉の下にもぐりこむようについた歯肉縁下歯石を除去することです。この歯石は歯肉から出た血液成分を含むために色も黒っぽい特徴があります。
 スケーリングの後で、冷たいものがしみたり、歯ブラシが歯に当たると歯が浮いたような感じがすることがままありますが、数日から数週間で落ち着きます。長びく場合には、知覚過敏の処置をします。 (指宿真澄




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036629

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト