MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 眼科

屈折矯正手術について
【くっせつきょうせいしゅじゅつについて】

 生まれつき遠くがよく見える眼では、遠くからの光が角膜と水晶体によって集光され、網膜に焦点を結びます(正視)。正視でない状態をまとめて屈折異常と呼び、この中には近視・遠視・乱視・不正乱視が含まれます。屈折異常を矯正する方法としては眼鏡やコンタクトレンズが使われていますが、手術により永久的(または半永久的)に治すのが屈折矯正手術です。
 屈折矯正手術の方法として現在行われているものには、[1]角膜のカーブを変える(LASIK〈レーシック〉、PRKなど)、[2]眼内にレンズを挿入する(有水晶体屈折矯正眼内レンズ)、[3]水晶体を人工レンズと置き換える、の3通りがあります。
 [1]はエキシマレーザーで角膜を削ることにより角膜の屈折力を変更する方法で、角膜の表層を切除するPRK(photorefractive keratectomy)や、角膜内部を切除するLASIK(laser in situ keratomileusis)があります。角膜は500~600μm(1μm=0.001mm)の厚さを持った組織ですが、この表層に160μm程度の厚さのふた(角膜フラップ)を作り、この下の角膜にレーザー照射をした後ふたを元に戻すのがLASIKです。回復が速く、手術の翌日には普通に使える視力が得られることから、広く普及し、米国では年間120万眼、日本では6万眼程度の手術が行われていると考えられています。
 一方、[2]有水晶体屈折矯正眼内レンズは、コンタクトレンズのような屈折度数をもったレンズを眼の中に移植する方法です。角膜が薄く、レーザーによる角膜切除では無理がある場合や、非常に強い近視で角膜での手術では光学的に不利な眼になることが懸念される場合などが適応と考えられます。レーザーによる方法と異なり、不要になった時には摘出できる、つまり可逆性であることが大きな特徴です。
 [3]は白内障手術に相当するもので、中に挿入する眼内レンズの度数を選ぶことで近視や遠視、乱視を補正することができますので、一種の屈折矯正手術ととらえられます。
 どの方法を選択し、どの程度治すのがよいのかについては、年齢、屈折異常の強さ、眼の形などの多くの要素を総合して判断します。 (小松真理




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036628

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト