MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 耳鼻咽喉科

検診難聴
【けんしんなんちょう】

 難聴の自覚がまったくないにもかかわらず、学校検診の聴力検査で初めて難聴が判明し、耳鼻咽喉科を訪れるケースがあります。各種検査の結果、器質性障害が否定されると検診難聴と呼ばれます。1984年、日本で初めて報告された難聴疾患で機能性難聴の1つに分類されますが、心因性難聴と異なるのは本人の難聴自覚がない上に日常生活にも支障なく、聴力検査だけが異常を示すということです。しかし、背景に心理的要因が存在することも多いといわれており、器質性疾患との鑑別診断は大変重要です。検査法は心因性難聴と同様ですが、確定診断がつけば積極的な治療を行わなくても自然軽快することが多い疾患です。 (飯塚尚久




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036626

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト