MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 内分泌・代謝内科

下垂体疾患
【かすいたいしっかん】

Pituitary Disease

 下垂体は頭蓋腔の底部にある骨の箱であるトルコ鞍(あん)の中にあります。大きさはエンドウ豆程度です。視床下部と下垂体柄(pituitary stalk)でつながっています。視床下部と下垂体前葉の間には下垂体門脈があり、視床下部で分泌される種々のホルモンや物質が下垂体前葉に運ばれます。すなわち、成長ホルモン放出ホルモン(GH-RH)や甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)、コルチコトロピン放出ホルモン(CRF)、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)などが運ばれて、下垂体で、それぞれ成長ホルモン(GH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)などの合成・分泌を高めます。
 このほか、視床下部から下垂体後葉に神経連絡路があり、抗利尿ホルモンの前駆物質はこの連絡路を通って下垂体後葉に運ばれます。下垂体前葉には種々の下垂体ホルモン分泌細胞があり、これが腫瘍(しゅよう)化するとそれぞれのホルモン過剰分泌症状となります。すなわち、成長ホルモン産生細胞の腫瘍では先端肥大症が生じ、プロラクチン産生細胞の腫瘍では高プロラクチン血症をきたし不妊の原因となりえます。またACTH分泌細胞の腫瘍ではクッシング病が生じます。しかし、ホルモンを分泌しない下垂体腫瘍もあります。何らかの原因により下垂体機能が低下すると、それぞれのホルモン欠乏症状を呈します。 (田嶋紀子




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036594

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト