MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 婦人科

子宮頸ガン
【しきゅうけいがん】

Cervical Cancer

子宮頸ガン

 30年にわたる研究の結果、ヒトパピローマウイルス(human papillomavirus;HPV)が子宮頸ガンの原因ウイルスであることがつきとめられました。HPVはヒトにイボ、あるいはイボのような病気をつくるウイルスですが、120種類以上の型(タイプ)があることがわかっています。ヒトでいえば人種のようなものです。新種と認定された順番に番号がついていて、1型、6型、16型のように呼ばれています。
 大きく分けて皮膚に病変をつくる型と粘膜に病変をつくる型とがあります。HPVはヒトの皮膚、粘膜の細胞の中でしか増殖できないので、皮膚、粘膜以外に病変をつくることは決してありません。子宮頸ガンに関係があるのは粘膜に病変をつくる型のウイルスです。感染したHPVの型によって、できてくる病変の性質も違っていることがわかっています。性器にできるコンジローマと呼ばれる良性のイボから見つかることが多く、ガンからは決して見つかることがないHPVがある一方で、ガンから高頻度に見つかるHPVもあります。前者は低危険型(ローリスクタイプ、low risk type)、後者は高危険型(ハイリスクタイプ、high risk type)と呼ばれています。
 子宮頸ガンの原因ウイルスといっても、HPVに感染すると必ず子宮頸ガンになってしまうわけではありません。むしろ、ガンになることのほうが少ないので、HPV感染を過度に恐れる必要はありません。子宮頸ガン検診でまったく異常が見つかっていない人でも、10人に1人はハイリスクタイプのHPVに感染しているといわれています。ガンになるのはその内の500~700人に1人です。HPVの感染がなければ子宮頸ガンにはなりませんが、HPVに感染しても滅多なことでガンにはならないわけです。
 子宮頸ガンの発ガンメカニズムが詳しくわかってきたことによって、ガンの治療と同時に、ガンの予防に関する研究が進んでいます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035440

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト