MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 形成外科・美容外科

顔面神経麻痺
【がんめんしんけいまひ】

Facial Palsy

 顔面神経は笑ったり、口を尖らせたりする様々な顔の表情を作っている表情筋と呼ばれる筋肉を動かす働きをします。表情筋は顔の片側に20個ほど存在し、両側に対称的に並んでいます。顔面神経がなんらかの原因で傷害されると表情筋が動かなくなり顔面神経麻痺となります。通常、麻痺は片側の顔面に起こるため、笑ったりすると顔がゆがんでしまいます。
 顔の神経には顔面神経のほか、顔の知覚を感じたり、物を噛む筋肉(そしゃく筋)を働かしたりする三叉(さんさ)神経があります。顔面神経麻痺を顔面神経痛といって来院される患者さんがおられますが、顔面神経痛は三叉神経の異常な痛み(正しくは三叉神経痛)で、ペインクリニックなどで治療される疾患です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035338

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト