MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

ブドウ球菌感染症(食中毒・感染性心内膜炎・MRSA等)
【ぶどうきゅうきんかんせんしょう(しょくちゅうどく・かんせんせいし】

Staphylococcal Infection

 ブドウ球菌(staphylococcus)はグラム陽性球菌で、毒力の強い黄色ブドウ球菌と毒力の弱いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)があります。両者とも自然界に広く分布し、水や土壌中はもとよりヒトや動物の常在菌として、また起炎菌として分離できます。CNSでは、表皮ブドウ球菌と腐敗性ブドウ球菌(s. saprophyticus)が重要です。黄色ブドウ球菌(以下、黄ブ菌)は、ヒトの体表では鼻前庭(びぜんてい)、会陰部、鼠径(そけい)部、腋(わき)の下、臍(さい)部に常在し、その侵入により化膿性皮膚疾患(膿痂疹〈のうかしん〉、せつ、蜂窩炎〈ほうかえん〉など)、中耳炎、副鼻腔炎、肺炎、腸炎、さらには敗血症へ進展すると転移性膿瘍(のうよう)や感染性心内膜炎を引き起こします。また、黄ブ菌は種々の毒素を産生して、ブドウ球菌性胃腸炎、中毒性ショック症候群、ブドウ球菌性熱傷様症候群などを発症させます。黄ブ菌に罹患(りかん)しやすい症例として、未熟児、授乳中の母親、免疫不全患者、広範囲の熱傷、手術創、血管カテーテル留置個所、糖尿病患者、慢性呼吸器疾患などがあげられます。黄ブ菌での今日の問題点はメチシリン耐性黄ブ菌(MRSA)です。CNSについても毒力は弱いが記憶にとどめておく必要があります。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035222

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト