MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 脳神経

正常圧水頭症(成人)
【せいじょうあつすいとうしょう(せいじん)】

Normal Pressure Hydrocephalus:NPH

正常圧水頭症(成人)

 この病気は、髄液シャント術という簡単な脳外科手術によって治療が可能である認知症(treatable dementia)として、1965年にハキム(Hakim)とアダムス(Adams)が発表して以来、ずっと注目されてきています。
 脳は、脳脊髄液(略して髄液)と呼ばれる、水のような無色透明の液体に浸かっています。例えていえば、豆腐が水と一緒にパックに詰められたような状態です。脳の内部には脳室と呼ばれる空間があり(図1:頭部MRI、逆ハの字型の部分)、髄液が循環していますが、髄液はその脳室の一部にある脈絡叢(みゃくらくそう)の血管から血液が濾過(ろか)されるような形で、1日に約500mLつくられていきます。脳と脊髄に存在する髄液は約150mLですから、髄液は1日に3回くらい脳と脊髄を循環しているわけですし、髄液は最終的に脳の表面を通り、頭のてっぺんにある上矢状洞(じょうしじょうどう、図1:頭部MRI)という太い静脈系へと吸収されていきます。この髄液の循環通路のどこかで何らかの理由で(先天性の中脳水道の閉鎖や、後天的には脳腫瘍、脳室内出血など)循環が妨げられると、髄液は次第に溜まってきます。
 脳は、頭蓋骨という固い閉鎖空間に囲まれているので、髄液が溜まってくると脳圧が高くなり、また髄液が存在する脳室は大きくなり、脳の機能が障害されることになり、頭痛、嘔吐(おうと)、意識障害が出現し、手遅れになると呼吸停止で死に至ることもあります。この病態は水頭症と呼ばれ脳圧が高いのですが、例えばくも膜下出血(外傷後や脳動脈破裂後)や髄膜炎などで、脳表のくも膜下腔の髄液の流通が比較的マイルドに障害されている場合は、時間の経過とともに様々な代償作用で脳圧が下がっていき正常化することがあります。この場合は、脳室が拡大しているのですが(図1:頭部MRI)、脳圧は正常範囲内で症状も重篤(じゅうとく)なものではなく、[1]認知障害(痴呆)、[2]歩行障害、[3]尿失禁などが出現します。くも膜下出血、髄膜炎など原因が明らかな場合は続発性正常圧水頭症と呼ばれます。一方、高齢者に多いのですが、原因がないにもかかわらず脳室が拡大し、上記の症状が出現する場合は、特発性正常圧水頭症と呼ばれます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035042

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト