MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

ラップ口座(SMA)
【らっぷこうざ(えすえむえー)】

Separately Managed Accountの略語で、証券会社の提供する富裕層向け総合口座のこと。口座管理だけでなく資産運用・投資アドバイス・運用報告などのサービスが包括(ラップ)されていることから、「ラップ口座」とも呼ばれている。

2004年4月に証券取引法が改正されSMA関する規制が緩和されたのを受け、日興証券系の日興コーディアル・アドバイザーズが同年同月にサービスを開始。以後、大和証券、野村證券などが後に続いている。

SMA口座を開くためには最低でも1000万円(野村證券の場合3億円)以上のまとまった資産が必要となる。SMAポイントは、この預けた資産残高・運用成果をベースに、投資家が証券会社に報酬を支払うビジネスモデルを採用しているところだ。

言い換えれば株式売買等の手数料に頼る必要がなくなるため、証券会社の収益構造が安定するのはもちろんのこと、手数料を稼ぐ目的で証券会社が無用な売買を繰り返す弊害もなくなるため、投資家にとっても安心感の高い口座となることが予想される

もちろんSMAターゲットとする富裕層に対しては、既に銀行がSMA類似のプライベートバンキングサービスを展開している。こうした先行者を抑えてどこまでSMAがその地歩を固めることができるのかは未知数だ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660718


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト