MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

コンクリートとセメントの違い
【こんくりーととせめんとのちがい】

セメントは工事現場で見かける大袋に入った粉で、石灰石や粘土を混ぜて焼き石膏を加えた粉末を、微粉砕して作られる。このセメントに水と砂を混ぜるとモルタルになり、そこに砂利を加えるコンクリートになる。つまり、セメントコンクリートの一材料なのだ。

ちなみにセメントの歴史は古く、エジプトのピラミッドにもセメントが使われている。ただし当時のセメントは気硬性セメントといい水に弱かった。現在建築材料として使われている水にも強い水硬性セメントが英国の機械・土木技術者スミートンにより発明されたのは1756年のことである

なお、コンクリートには圧縮に強く引張に弱い性質がある。この引っ張り力に対する弱さを補うべくコンクリートの中に鉄骨を通したのが鉄筋コンクリートで、現代建築においては欠かすことのできない建材となっている。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660352


◆「コンクリートとセメントの違い」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト