MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

震源と震央の違い
【しんげんとしんおうのちがい】

地震は地殻に生じたひずみが崩壊することで発生する。その崩壊が生じた点、つまり地震の始まった点を「震源」(震源となった領域が広がりをもっている場合には「震源域」)といい、その震源の真上に当たる地表上の点を「震央」という。

また、震央から震源までの距離(深さ)を「震源深さ」、震源と観測点の距離を「震源距離」という。一般に、同じマグニチュード(エネルギー)の地震でも、震源深さ・震源距離の違いにより被害の程度は異なってくる。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660334


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト