MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

一言居士
【いちげんこじ】

[意味]
いちげんこじ。何事についても、一言の意見を言わないと気がすまない人物のこと。積極的発言者というポジティブニュアンスで使われることもあるが、説教くさい・小言が多いといったマイナスニュアンスで使われるほうが一般的。

[用法]
一言居士を自認する私としては、ここで一言物申さないわけにはいかない」。「あの人、一言居士で説教くさいところがあるから、飲み会には誘わないほうがいいよ」。

[蛇足]
「居士」は中国の言葉で、高い学徳があるにもかかわらず仕官せず在野にとどまっている人物のこと。そうした人物はえてして自らの意見に耳を傾けてもらえる機会が少ないため、チャンスがあればここぞとばかりに持論を披瀝したがるものなのだ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660205


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト