MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

HSDPA
【えいち・えす・でぃー・ぴー・えー】

High Speed Downlink Packet Access

NTTドコモ(FOMA)、ボーダフォン(Vodafone 3G)などが採用している3G(3th Generation=第3世代)通信方式「W-CDMA」をベースに、さらに高速なパケット通信を実現する技術の名称。

電波状況の良し悪しによりデータ変調方式を変更し、電波状況の良い時を逃さずデータ通信を行うことで、3Gで最大2Mbpsだった通信速度を最大14Mbpsまで高速化できる見込みだ。

このHSDPA、4G(4th Generation。第4世代)通信技術が導入されるまでの間、現在使用されている3G通信技術の進化版として橋渡し役的に導入されることから3.5Gとも呼ばれている。

しかしHSDPAが実用化されるのは2006年、その次の4Gは2010年の実用化を目処に開発が進められていることから、数年に渡り3.5Gの時代が続くことが予想される。かつて家庭用通信技術でISDNと光ファイバー橋渡し役といわれたADSLが一大市場となり、その結果ブロードバンド時代が訪れたことを考えると、HSDPA単なる橋渡し役と侮ることはできない。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660083


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト