MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

修活辞典(終活から修活へ)終活関連用語 > 一般

終活
【しゅうかつ】

2009年(平成21年)に「週刊朝日」が掲載した記事「現代終活事情」から生まれた造語。当初は自分の葬儀や墓について事前に考えるという絞られた内容だったが、現在ではいつかくる人生の終りに備え、自分をみつめ、今を自分らしく生きるための活動、といった全般的な意味として広がり、「終焉活動」の短縮語として普及してきている。
自分の死について、自ら具体的に考えるきっかけになり、あまり知ることがなかった業界を知ることで、自分なりの最期の迎え方を考えておくことができる。また寝たきりや認知症になった場合の対応など、様々な心配事を、元気なうちに考えておくことが安心にもつながる。
具体的には、介護福祉制度の確認から、葬式や墓についての具体的な業者の調査。家財など物の整理についての方法を考えたり、金銭面(財産や相続)や遺言の準備についての計画など様々。




修活辞典編集部
Ea (著:終活辞典編集部)
「修活辞典(終活から修活へ)」
JLogosID : 705459291


【辞典内Top3】 遺品整理士  遺品整理士  ハロー効果  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea「修活辞典(終活から修活へ)」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト