MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集3章「オシムの目指した日本…」 >

加茂周
【かもしゅう】

日本人の理論派監督。1995年から97年まで日本代表監督を務めた。1939年10月29日、兵庫県出身。関西学院大学で活躍後、ヤンマーディーゼル(現在のセレッソ大阪)に入社、始まったばかりの日本リーグではFWとして活躍したが、27歳で引退してコーチとなった。そして74年、神奈川県1部リーグにいた日産自動車(現在の横浜F・マリノス)の監督に就任、十数年をかけて日本のトップチームに押し上げ、89年に日本リーグと天皇杯の二冠を達成する。しかしその直後に辞任、91年には全日空(のちの横浜フリューゲルス)の監督に就任、横浜Fで「世界に通じる戦術」と自負する「ゾーンプレス」を実践して天皇杯優勝に導く。その手腕を買われて94年12月、98年ワールドカップ出場を目指す日本代表監督に就任、「ゾーンプレス」の理論で大きな成果をあげたが、97年秋、ワールドカップ・アジア最終予選で日本代表が韓国に敗れ、続いてカザフスタンと1―1で引き分けたことで解任される。その後、京都サンガ監督などを経て、現在は母校・関西学院大学で監督を務めている。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548047


【辞典内Top3】 左利き  時間の浪費  プレミアリーグ  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト