MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼平安時代にはすでに食用にされていた

昼間は岩陰に隠れ、夜になるとエサを漁る。そんな暮らしがネズミに似ているため海鼠と字が当てられたという。あるいは見た目がネズミに似ているからではないか。
海鼠売りつまんで見せる嫌がらせ
古くは海鼠と書いて「コ」と読んでいた。生のコでナマコと呼ぶようになったらしい。腸の塩辛をコノワタと呼ぶのは、「コ」の腸(ワタ)だからだ。卵巣を干した逸品をコノコと呼ぶのも、「コ」の子だからだ。欧米では食用にしないが、日本では平安時代にはすでにナマコの加工品があったらしく、コノコが献納されたと記録にある。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070596


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト