MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

群馬県
【ぐんまけん】

群馬と車の不思議な関係

藤原京(六九四?七一〇年)から出土した木簡によると、いまの群馬県あたりには、「車」の一字で表記される地域があったという。これに「評」という行政単位がつけられ、「車評(くるまのこおり)」と呼ばれていたが、律令制によって「評」が「郡」に改められることになり、「車郡」となった。そして奈良時代のはじめ、諸国の風土記編集のために全国の郡や郷の名を二文字の好字で表記することとなると、「車郡」を「群馬郡」と書くようになった。これが群馬県の名前の由来のようで、この漢字が当てられたのは、同地方で多くの牧馬が飼育されていて、当時、馬は豊かさをあらわす象徴であったからだという。また、このとき、「上毛野国・かみつけぬのくに」といわれた地域は、「上野国・こうずけのくに」となった。なお、群馬はその後も長い間「くるま」と呼ばれていたが、江戸時代には「くるま」と「ぐんま」が併用して呼ばれることになり、明治の廃藩置県の際、県名として「群馬」が採用され、現在に至っているというわけだ。二〇〇六(平成一八)年の統計によると、群馬県の県人口に対する免許取得率は全国一で、女性の免許取得率もトップだ。また、自動車保有台数も一世帯あたり二・三五台と、全国三位となっている(一位は福井県)。古代、「くるま」と呼ばれていたことを考えるとおもしろい偶然である。しかし、人口に対する交通事故負傷者数も多く、二〇〇五(平成一七)年の統計では、人口一〇万人に対しての負傷者数は一四六六・五人と、全国二位となっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820267

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト