MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > おしゃれ

美人の基準
【東京雑学研究会編】

§いつでもどこでも失神してみせます!

どんな女性が美人かという基準は、時代とともに変わる。日本において江戸時代は浮世絵に描かれているような「引き目かぎ鼻」の顔がそうだった。それ以前は下ぶくれのおかめ顔が好まれた時代もあったことが、古い絵巻物などでわかる。
ヨーロッパにおけるアール・ヌーヴォー期の美人の基準は、その時代の絵をみればわかるように、清楚でロマンチック、青白い顔のひよわな印象の女性が好まれた。
健康的ではちきれそうな肉体を持つ若い娘たちは、なんとかひよわで病弱な印象をかもし出せるよう、工夫をこらすことになった。
そのとき選んだ手段が「失神」。すぐに気を失ってみせることで、世間の刺激に不慣れな、守ってあげなければ・・と男性に思わせる女性を演じたのだ。いつでも、どこでも、必要だと思われるときに失神できるよう、女性たちは練習を積む。さらに、抱き起こしてもらえるまで失神していられるよう、好みの時間まで調節できるようにしたという。
かしこれは、必ずしも女性たちの意思だけによるのでなく、肉体的な条件もともなっていたようだ
というのは、当時の女性はウエストコルセットでギュッと締めつけて体型を補正していた。四六センチサイズのものが作られた記録もあり、これでは食事を摂れないどころか、呼吸すらそーっとしなければならなかったはずだ。そのために本当に苦しくて失神するケースだって少なくなかったのである
なお、本当に苦しさから気を失った場合、その気つけ薬として香水が使われたともいう。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670792

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト