MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

被告
【東京雑学研究会編】

§被告人と被告の違いは何か?

「被告」に人をつけたから「被告人」というわけではない。混同しやすいのだが、この二つには明確な立場の違いがある。
「被告」は民事裁判で訴えられた側をいう。そして被告人」は刑事裁判で罪を犯したとして起訴されている人物のことをいうのである
では「被告」から説明しよう。民事訴訟では、私人と私人の間の紛争が審理されるが、このときに訴えた側が原告で、訴えられた側が被告である。つまり受動的当事者を被告という。
次に「被告人であるが、被告人を訴追するのは必ず検察官となっている。民事にならっていえば、原告の立場にあるのが検察官であり、被告の立場にあるのが「被告人」というわけである。しかし、検察は国家機関なので原告という言い方はしないのだ。
こういう区別を知らないと、民事裁判でいきなり被告と呼ばれたことで怒りだす人もいるかもしれない。自分を犯罪者扱いしたと誤解するである
民事裁判では訴えた人、訴えられた人のどちらもがその立場を入れ替えることはありえるが、刑事裁判ではそれはありえないのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670787

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト