MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

バドミントン
【東京雑学研究会編】

§バドミントンのシャトルのスピードはどのくらいか?

プロスポーツといえば、誰でもすぐに野球やサッカーを思い描く。それらに比べるとバドミントンずっと地味な存在で、お遊びの延長のような、手軽にできるのどかなスポーツのように思われがちであるが、それは大間違い
バドミントンラケットが打ち合うシャトルコックという羽根の動きをとらえるには、優れた動体視力(動く物を見る視力)と反射神経が必要なのである
シャトルコックの重さは、四・七三~五・五グラムあるが、これを世界の一流選手がラケットで強く打つと、初速はなんと時速三〇〇キロ以上にもなる。新幹線より速いスピードなのだ。
この初速は、羽根の空気抵抗でどんどん減速し、相手が打つときは、時速五〇~六〇キロになっているが、まだ街中を走る自動車並みの速さである
シャトルのこの速さを目で追い、相手のコートまで届くよう打ち返さなければならない。しかし、シャトルコックの軽さと空気の流れで、コース変わりやすい。なかなかネットを越せなかったという経験の持ち主も多いようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670768

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト