MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

発泡酒
【東京雑学研究会編】

§発泡酒とビールはどこが違うのか?

低価格だから、外ではビール、家では発泡酒と飲み分ける消費者も多いとみえ、二〇〇二(平成一四)年度の家庭で消費された酒類別の割合は、ビールが六三%なのに対し、発泡酒は九六%にもなる。では、発泡酒が安いのはなぜだろう
最も大きいのは酒税だ。
酒税法では、麦芽を原材料の六六・七%(三分の二)以上使ったものをビールそれに満たないものを発泡酒としている。発泡酒の中でも、麦芽率二五%未満の酒は最も税率が安くなっていて、現在日本でつくられている発泡酒のほとんどがここに分類される
さらに、原料に麦芽以外の米やコーンスターチなどを使ってコストを減らした分が、価格の安さに反映しているわけだ。ほとんど広告を行わないことで価格を下げたことをアピールする、ユニークな商法さえ出てきた。
麦芽が少ないだけに、ビール特有の味わいでは引けを取る。だが、その代わりに原料の自由度は高いから、各社とも工夫を凝らして新製品の開発には力を入れている。
麦芽の原料である大麦を使う、あらかじめ糖化したデンプンを麦芽のみの麦汁とミックスさせる、熟成方法を工夫する、海洋深層水を使うといった味へのこだわりだけでなく、痛風の原因になるプリン体カットしたり、カロリーを控えたりして健康に訴える商品も多い。これからも、消費者には楽しみな開発競争が続くだろう
しかし、大きな反対にもかかわらず発泡酒の税金は三五〇ミリリットルあたり一〇円もアップした。そのため、発売以来右上がりだった発泡酒の出荷量は、はじめて前年比マイナスを記録している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670766

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト