MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

日本橋②
【東京雑学研究会編】

§橋銘板を揮毫したのは徳川慶喜

一九一一(明治四四)年に架けかえられ、アーチ型の石橋となった日本橋は、長さ四九メートル、幅二七メートルルネサンス様式を模している。そして欄干には、金属の橋銘板に素晴らしい筆跡で「日本橋」と揮毫が成された。
これを書いたのは、徳川幕府最後の将軍であった徳川慶喜だという。当時の東京市長、尾崎行雄から揮毫を依頼され、快諾したのだ。歴史上の役割を終え、隠遁生活にあった慶喜だが、彼自身が江戸、そして日本橋への思い入れが深かったことをよく示す逸話である。江戸の象徴であった日本橋にふさわしい書き手だったといえよう。
以後も趣深い姿を残してきた日本橋であったが、東京オリンピックを控えた一九六三(昭和三八)年、日本橋上空に首都高速道路が開通。一九六七(昭和四二)年には都電が廃止され、歩道が御影石に舗装されるなど、周囲の風景は一変。情緒など微塵も感じさせない風景となってしまった
これに対し現在、江戸の中心であった日本橋の原風景を取り戻そうと、上空を通る首都高速道路を地下に埋め込もうという運動が進行中である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670731

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト