MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

東京ドーム
【東京雑学研究会編】

§東京ドームの天井の高さはどうやって決めたのか?

春になると日本のプロ野球シーズンが開幕する。二〇〇四(平成一六)年は特に、メジャーリーグニューヨークヤンキースとデビルレイズが、日本で開幕第一戦を披露するというので、大勢のファンを湧かせたが、その大舞台となったのが、おなじみの東京ドームである
この東京ドームの天井の高さは、六一・六九メートルあるという。シーズン中はこの中で何本ものホームランが弧を描くのだが、どのようにその高さが決められたのであろうか。
ドームの天井の高さのシミュレーションをしたとき、当時の巨人軍の王・長嶋両選手のバッティングフォーム高速度カメラで撮影したものを分析したという。その結果、二人のバットの先端のスウィングの速さがわかった。王選手は、秒速三六メートル、長嶋選手は三三メートル。打球の速さは、王選手が秒速四一メートル、長嶋選手は秒速三五メートルであった。
さらに彼らを超えるバッターが出たと仮定して、ボールの飛行距離が、コンピュータによるシミュレーションや多くの参考文献を基に計算された。飛行距離は一三〇メートルと出た。
一三〇メートルホームランを打つとき、ボールバットの角度が二二・五度なら、打球の最高高度は約三〇メートル。同じ力で角度四〇度で打つと、最高高度は五八メートルになる。そこで、それより少し高くして、打球が天井を直撃しないよう高さを六一・六九メートルとしたのである
ところが東京ドームでの特別ルールを適用されるケースが出た。一九八八(昭和六三)年、阪急ブレーブス(現・オリックスブルーウェーブ)のウィリアムズ選手の打球が天井を直撃したのである。跳ね返った球は三階内野席に落ち、記録はファウル
同じく特別ルールで最初のホームランになったのは、近鉄バファローズのブライアント選手による打球で、推定飛行距離は一六〇メートルドームの記録上最大のホームランとなった。天井から吊るされたスピーカーを直撃したという。
これ以来、スピーカーに打球を当てた選手には三〇〇万円が贈られることになった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670657

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト