MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全学校じゃ教えてくれない?! > 単位

単位
【東京雑学研究会編】

§世界でもちいられる日本の単位とは?

「匁」という漢字を見て、さて、何だろうと疑問に思う人は少なくない。そして、実はこれは世界に通用する重さの単位で、立派な国際語なのである。一匁は約三・七五グラムである
「匁」はもともとは江戸時代に使われていたお金、開元通宝一枚の目方であるが、このお金一枚とつりあう重さを「一匁」と定めていたのだ。
現在の日常生活では、重さの単位は「グラム」で表記され、「匁」の単位をもちいることはない。では、世界に通用する重さの単位とは、いったいどういうことなのか。
「匁」の使用は、特定の業界に限定されている。それは真珠の取引の世界。真珠の目方をはかる単位としてのみ使われているのだ。
世界で最初の真円真珠の養殖に成功したのは日本である。「ミキモト」創業者の御木本幸吉が一〇年におよぶ試行錯誤の末、一九〇五(明治三八)年にその技術を確立。そのとき、日常的にもちいられていた重さの単位が「匁」だったというわけだ。
真珠の養殖法を完成させ、その輸出量の多い日本の習慣が、そのまま世界に浸透するには、それほど時間はかからなかったようだ
やがて神戸が真珠の集荷地となり、日本には世界中の真珠が集まってきた。と同時に、「匁」という単位も世界中にひろまっていったのである
一九五八(昭和三三)年に尺貫法は廃止されたが、世界的に定着した単位を撤廃するわけにもいかず、現在にいたっているのだ。宝石の単位は、一般に「カラット」を使うが、真珠だけは「匁」の単位も使われている。ちなみに、真珠の直径はミリ、ネックレスなどになったときの長さはインチで表すという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670590

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト