MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

ソメイヨシノ
【東京雑学研究会編】

§ソメイヨシノは江戸生まれ!?

サクラは日本の国花でもあり日本人に最も愛されている花の一つ。学校の校庭にも必ずといっていいほどサクラの木は植えられている。
中でもサクラといえばその代表格は、ソメイヨシノがあげられるソメイヨシノというと、大和・吉野が原産地と思いがちだが、実際は違う。
江戸時代、巣鴨の染井に住んでいた植木職人が、生みの親なのだ。
この植木職人、日頃からとても研究熱心だったらしく、ソメイヨシノどうやらオオシマザクラとエドヒガンを掛け合わせて誕生させたようだ
はじめは、このサクラ、花の名所である大和・吉野山の名をとって「吉野」として売り出した。
花は一躍人気ものになり、江戸中に広まったが、「吉野」という名はまぎらわしいということになり、巣鴨の染井村の名前をとって現在の「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになったのだ。
さてこのサクラ、唯一残念なことといえば花の開花期間がとても短いことだろう。開花時期は、一週間前後といったところだ。しかし、薄いピンクの花が木全体を埋め尽くして咲く姿には、言葉ではいい尽くせない美しい風情がある。
また、散りぎわもみごとだ。
春の風にさらされて散る花びらが桜吹雪となって舞う姿は、優雅であり潔くもある。
染井の植木職人のおかげで、今では、日本中でこの美しいソメイヨシノの花景色を楽しむことができる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670552

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト