MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 服装

世界初のショーツ
【東京雑学研究会編】

§世界で最初にショーツをつけた女性

女性が下着としてショーツをつけるようになった歴史は、それほど古いものではない。日本では足首まで覆う着物だったから、あえて着用しなくても困ることはなかった。ヨーロッパの女性も、ドレスロングスカートだったから同じようなもの。
それなのに、あえてショーツをはくことになったのは、一人の、自分の美しさを誇りたい女性が、苦肉の策として思いついたものだった。
その人の名はカトリーヌ・ド・メディシス。一六世紀フランスの王アンリ二世に、イタリアのメディチ家から嫁いだ女性だ。当時のイタリアのルネサンス文化をフランスに持ち込み、その宮廷文化を花開かせることに功績のあった女性で、彼女が香水を愛用していたことから、その後のフランスで香りの研究が進み、新しい香りを次々に生み出している。
そんなカトリーヌが、女性ながらショーツをはくことになったのは趣味の乗馬を通してだった。脚線美が自慢の彼女は、乗馬のとき、わざと横乗りはしないで、脚部が見えるよう左足だけをあぶみに乗せ、右足は折り曲げて鞍の上に乗せる姿勢を好んだ。
そうするとスカートがめくれてきれいな脚が見せられるわけだが、はずみで脚部の奥のほうまでが見えてしまうことがある。脚は見せたい、でも大事なところは見られたくない。「そうだ! 殿方の身につけるパンツをはけばいい」というわけで、男性用の下着で秘部を隠して乗ることにしたのだった。
高貴な方の習慣は、すぐに人の真似するところとなるのが世の習い。やがて女性はみんなショーツを着用するようになり、隠すためから、見られてもいい、あるいは見せるための、レースフリルつき下着へと発展していったのだった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670531

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト