MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

赤道
【東京雑学研究会編】

§別に赤くもない赤道はなぜ「赤い道」と書くのか?

地球を南北に分割する線を日本では赤道という。これは英語では「イクェーター」と表現されるもので、意味は「二等分線」ということだ。
「赤道」といっても、もちろん、赤い道があるわけではない。なのに、どうして日本ではそれを「赤道」と呼んだのであろうか。
世界地図が日本に入ってきたのは室町時代の末期である。そのとき、ヨーロッパと中国の両方のものが入ってきた。古くから中国の影響を受けていた日本では、中国地図に書かれていた「赤道」という表現をそのまま使ったのである
ただし、このとき中国で使われたのは、地球上の赤道という意味ではなかった。古代中国では、天文学者が星座図を作るときに、「天球の赤道」という考え方をしていたのである
もちろん、これは地球上の赤道のことではない。地球の赤道を延長し、天球と交わった大円のことを「天の赤道」と呼んだものである。これは地球の赤道とは違って、地球の自転軸や歳差などによって変化するにつれて、変わってしまうものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670532

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト