MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

シュークリーム
【東京雑学研究会編】

§「キャベツ」との関係とは?

シュークリームというお菓子を思い浮かべてみてほしい。一体、この形は何に見えるだろうか。答えをいう前に、まずはシュークリームそのものの歴史からお話しすることにしよう。
シュークリーム生まれたのはフランス。こちらでは駄菓子の一種とされており、気軽に食べられる存在なのだとか。おしゃれにナイフフォークが添えられるが、手づかみでガブッと食べた方がおいしいのも、いかにも駄菓子そのものといった感じだ。
さて、このシュークリーム、母国での正式名称は「シュー・ア・ラ・クレーム(chou a` la cre`me)」であるフランス語で「シュー」はキャベツのこと、「ア・ラ・クレーム」は「クリームの入った」という意味になる。このお菓子が日本に入ってきたときに、「ア・ラ」が省略され「シュークリーム」と呼ばれるようになったのである
名前のとおり、答えはキャベツ小麦粉バター、卵でできたシュー生地を焼き上げると、いかにも小さなキャベツのような形ができ上がる。色は違えどキャベツそっくりなので、この名前がついたわけである。焼き上げた生地の側面に穴をあけ、カスタードクリームなどを詰めると、みなさんもよくご存じの人気のお菓子のでき上がりとなる。
細長いエクレアシュークリームの一種。そのほかに、白鳥や花籠の形に焼かれたもの、一口大のプチシュー、たくさんシュークリームを山のように積み上げたクロカンブッシュなどの種類がある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670461

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト