MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

自殺
【東京雑学研究会編】

§別れた恋人が自分を恨んで自殺したら有罪?

別れた恋人が自殺した……。しかも、ひどい態度をとった男性のことを恨んで、そのような主旨の遺書も残していたとする。
しかし、結論からいってしまえば恋人関係にすぎなかった二人では、男に問うべき罪がないである
法律というのは原則的には男女の愛情問題には立ち入らない。それは家庭に立ち入らないということと同じである。法律には感情論は通用しないということだ。
結婚を前提とした婚約関係でもないかぎり、二人の関係は法律的には何の意味もない。あってないようなものなのである。法律はその関係に介入もしなければ、保護も与えないのである
だから、冒頭のようなことが起きたとしても、男性側を罰する法律はない。ちなみに、これは恋人関係だけではなく、愛人や二号という関係でも同様なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670414

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト