MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

三振
【東京雑学研究会編】

§野球で三振を「K」と書くのはなぜか?

野茂投手がドジャースに入団した頃から、日本のテレビメジャーリーグの中継を頻繁に行うようになった。野茂のトルネード投法がバッターから三振を奪うたびに、誇らしく思い声援をおくる野球ファンは多いと思われる。観客席の日米のファンの中には、「K」の文字を並べたボードを持って、マウンドに向けて掲げたり、振ったりしている人がいる。中には、「ドクターK」と書かれたのもある。
実はこの「K」、野球のスコアブックで三振を記録するときの記号なのであるところで元祖「ドクターK」は、一九八四年に新人で二七六個(二一八イニング)の三振を奪ったメッツのドワイト・グッデンであった。
ではなぜ、三振はアルファベットの「K」で表されるのであろう。『米国野球辞典』や『ディクソン野球辞典』によると、一八六一年に、ヘンリー・チャドウィックにより、アルファベットによるスコア記入方式が創案されたとある。彼は一塁手が打球のゴロを捕り、自分でべースを踏み、打者をアウトにした場合は「A」と記し、二塁手が打球のゴロを捕り、自分でベースを踏み一塁ランナーアウトにした場合、「B」と記した。
彼は、フライ(fly)には「F」を、犠打(sacrifice)には「S」と記したが、ファウル(foul)には、末尾の「L」を当てた。「f」はすでに使っていたからであるそして三振(strike out)には「K」を当てたという。
それはなぜか? まず「S」はすでに使用済みであった。strike outの中では、「K」が最も目立つという理由で、三振に「K」を当てたという。
以上の定説のほかに、画数が三画の「K」で、三ストライクを表したという「字画説」もある。
ちなみに、日本の公式記録には、セ・パ両リーグとも三振には「SO」と記し、振り逃げなどに限り「K」としている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670403

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト