MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

ゴルフのカップ
【東京雑学研究会編】

§ゴルフのカップの口径は意外なものから決まった

ゴルフが好きな人なら、誰もが一度ぐらいは思ったことがあるだろう。「ああ、あのカップがもう少し大きかったら、自分のスコアかなり減るのに……」
あのカップの大きさはとても絶妙で、大きすぎるわけでもなければ、小さすぎるわけでもない。パットが上手な人ならきちんと入れられるし、下手な人にはなかなか入らない。もし少しでも大きかったらゴルフ人気はここまで盛り上がらなかっただろうし、あれ以上小さかったら、アマチュアゴルファーはとっくに匙を投げているはずだ。
では、あの絶妙なカップの大きさは誰がどうやって決めたのだろう
ゴルフのカップは、今ではどこに行っても直径四・二五インチ(一〇八ミリ)と決まっているが、これは一八九一年に、ゴルフ総本山であるイギリスセントアンドリュース・ゴルフクラブが決定したものである
それまで、ゴルフのカップシャベルで適当に穴を開けていただけ。当時のゴルフマッチプレーだったから、カップの大きさなど、その都度決めればよかったのだ。
でも、いちいち決めるのも面倒だし、シャベルで掘っただけだと縁も崩れてしまうので使いづらい。そんなある日、あるゴルファーが、たまたまグリーンの側にあった土管で穴を開けたところ、そのサイズが実に適当で、しかも縁が崩れることもなく、実に良かったのである
この小さな出来事がきっかけとなり、セントアンドリュースではコースカップに土管をはめ込むようになり、セントアンドリュースがあらゆるゴルフコースモデルとなったことで、この土管の太さがカップの大きさに決まっていったのだ。
ちなみに、その土管とはセントアンドリュース市で使われている水道管で、今も同市では同じ直径の水道管が使われている。
この市の水道管がもう少し太かったり細かったりすれば、ゴルフ人気はここまで盛り上がらなかったかも!?




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670357

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト