MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

コーヒー①
【東京雑学研究会編】

§缶コーヒーやファミレスのコーヒーがおいしくないのはなぜか?

缶コーヒーインスタントコーヒーファミリーレストランコーヒーはまずいと言われる。また、たとえ有名ホテルレストランで出されるコーヒーでも高いわりにおいしくなく、コーヒー専門店や名のある喫茶店の味とは比べ物ならない。一体なぜなのだろうコーヒー豆の成分や淹れ方に注意してみる必要があるようだ
コーヒー豆の成分は、繊維質、糖類、タンニン、酸類、カフェイン。良い豆はタンニンや酸が少ない。一級品の豆は一四〇〇メートル以上の高地で岩の多い土壌に生える木から採られるという。土壌にミネラルが多いのである
コーヒー豆は木の実なので、よく熟れたものほどよい。未熟なものはタンニンや酸が多く、苦くて渋くて酸っぱい。虫に食われた実も当然のことながらよくない。
豆は乾燥され、まず外側の殻が取られる。芯の部分を貯蔵しておくと、緑がかった色が黄色味を帯びてくる。この工程はエイジングといい、最低一年間かけるのが理想とのこと。
次に焙煎。本当に良質の豆は、軽く煎るだけでおいしく淹れることができるそうだ。焙煎により放つ甘い香りは、成分の繊維質と糖類が熱でカラメル化してできるものである
苦味、渋味、酸味は、焙煎が進むにつれ減っていくが、カフェインの量は変わらない。しかし、細胞壁が熱で壊れるとカフェインは溶け出しやすくなる。
コーヒーは挽きたてがおいしい。非常に酸化しやすいので、挽いた状態で放置すると一週間ともたないと言われている。したがって、淹れ立てがおいしい。酸化が進まないうちに飲むことである
カフェインどんな温度の水にも溶けるが、苦味や渋味は高温になるほど溶けやすい。だから、高級な玉露の淹れ方と同じように、少し冷ました湯で三分ぐらいかけて淹れるとおいしいそうである
これで、缶コーヒーインスタントコーヒー、ファミレスのコーヒーがおいしくない謎が解けた。豆が低級品である上に、細かく挽いて少量の豆で大量に作り、しかも作り置きされて酸化の進んだものが出されるからである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670327

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト