MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 遊び

キャバレー②
【東京雑学研究会編】

§ムーランルージュとはどんなところなのか?

一八八九年にパリのブランシュ広場にオープンした「ムーランルージュ」ではフレンチ・カンカンと呼ばれる快活でエロティックなダンスが絶大な人気を得て、世紀末のパリで代表的な娯楽施設になった。
一九世紀末にヨーロッパで隆盛を極めたムーランルージュは、一九〇三年に客席とステージがわかれた劇場形式にリメイクされ、レビューオペレッタが数多く上演された。
このムーランルージュは一九一四年に火災で焼失してしまったが、第一次世界大戦後に再建された。一九二〇年代後半には歌手で女優のミスタンゲットを中心とする大レビューを上演してミュージックホールとしての地位を不動のものとするが、一九二九年、当時台頭してきたトーキー映画におされて映画館に転向してしまった
一九二〇年代半ばからミュージックホールに併設された舞踊場で、観光客向けのカンカン、レビューなどが現在でも上演されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670246

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト