MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

缶詰②
【東京雑学研究会編】

§日本で最初に缶詰を作った人とは?

日本ではこの便利な缶詰、東京・四谷に住んでいたアメリカ人のライマンの手によってはじめて作られた。
ライマンは、日本の四季おりおりのくだものを、千葉県の山田箕之助に作り方を教えながら缶詰を作らせた。この山田箕之助、やがてつけもの缶詰作りに挑戦をして缶詰製造家となった男である
さて、この便利な缶詰をいざ使おうと思ったとき、缶切がみあたらず困った経験をした人も多いだろう
缶詰をあけるためになくてはならない缶切だが、発明されたのは、意外にも缶詰が発明されてから半世紀後とは驚きである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670227

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト