MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

缶詰①
【東京雑学研究会編】

§缶詰を世界で最初に考えたのは誰?

スーパーへ行くと、棚にずらりと並んでいる缶詰、長期保存もできとても便利だ。最近の缶詰は、味つけもこっていて何かと忙しい現代人には実にありがたい存在である
さて、この缶詰の仕掛け人、実はかの有名なナポレオンだったといわれる。
もともとは、ナポレオン軍が転戦の際食料保存に困り、何か良い方法はないものかと、悩んでいた。
そこでナポレオンが賞金をだして良いアイディアを募集したところ、フランス人のフランソワ・アペールが、一七九五年にまず保存がきくビン詰保存法を発見した。それをイギリス人のピーター・デュラントが錫メッキの鉄製の容器に応用して、今の缶詰が生まれたのだ。
この缶詰、イギリスでは海軍の保存食として重宝していたらしい




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670226

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト