MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 知恵

発掘
【東京雑学研究会編】

§遺跡があると予想される場所では工事はできないのか?

土地つき一戸建ての夢をかなえようと、つましい生活を続け、やっと念願かなって土地を手に入れたのに、家を建てるのを待ってくれといわれてしまったら、ガッカリというくらいの表現ではすまないだろう
役所は、その土地に遺跡がある可能性が出てきたので、調査が必要だから待てという。こうなると、どんなに腹が立っても待つしかない。文化財保護法で、遺跡があると予想される場所で工事を行うときは、先にどんな遺跡なのかを調べることと決められているからだ。
その発掘調査の結果、家が建てられなくなる場合もある。遺跡の重要度によっては保存されることになり、工事計画を変更したり、最悪の場合は中止したりしなければならないのだ。なにしろ埋蔵遺跡は国家の財産だから、国民は譲るしかないのである
歴史のかなたに埋もれているのが遺跡だから、どこから何が出るかわからない。今も年間八〇〇〇件ほどの発掘調査が行われるが、その九五%がビルや道路工事の前に役所が行うもので、行政発掘と呼ばれる。
「遺跡なし」で片づく場合も多いが、万が一にでも「重要遺構あり」となって、学術発掘が行われることになると、学者たちが納得するまで掘り返すことになり、たとえビルの建設を中止しなくていいとしても、時期が大幅に遅れるはずだ。
建設業者の中には、工事中に思いがけず遺跡が見つかっても、報告すると工事計画を変更させられたり、中止を命じられたりの面倒が起こることがわかっているので、わざと破壊してしまう悪質なケースもあるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670170

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト