MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

ハツカネズミ
【東京雑学研究会編】

§ハツカネズミは、オスの匂いで流産する?

ハツカネズミのメスは、その名のとおりわずか一九~二〇日間の妊娠で出産する。しかも、一年に一〇回近くも出産し、そのたびに五~六匹の子どもを産むという、旺盛な繁殖力を持っている。
だが、意外な理由で、あっけなく流産することもある。これは、発見者の名前をとって「ブルース効果」と呼ばれている。
まず、ハツカネズミを交配させると、大体のメスは妊娠し、その時点で発情は消える
つまり、交配する状態ではなくなるのであるところが、交配した相手のオスではなく、別の新しいオスと一緒の檻に入れると、メスは流産し、また周期的な発情を見せるである
これを人間にたとえていうと、妊娠した後で、夫以外の男性のそばにいるだけで、自然に流産してしまい、その男性を受け入れる準備ができるということである
次の実験では、新しいオスとの間を金網で仕切ってみたのだが、やはりメスは流産した。つまり、新しいオスと接触があるかどうかは、関係がないことがわかった。また、流産するのは、妊娠初期の六日目までで、それを過ぎると流産はしなくなる。
ところが、嗅覚を失ったメスは、新しいオスのそばにいても、流産しないのであるどうやら、オスの匂いがメスに働きかけて流産させているようだ
そこで、妊娠したメスに、交配する前に匂いを嗅いだことのあるオスの匂いをまた嗅がせても、流産する率は少なかった。つまり、なじみのオスだと、あまり異性を感じないのである
また、交配中に匂いを嗅いだことのあるオスの匂いだと、流産はしなかった。これは、交配の相手、つまりお腹の子の父親だと勘違いしたためだと思われる。
ハツカネズミのメスは、妊娠中であっても、新顔のオスの匂いをかぐと、それまでのことをころりと忘れて、また交配する気になってしまうのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670169

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 握手  奥の手  裁きの豆  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト