MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全学校じゃ教えてくれない?! > 単位

温度②
【東京雑学研究会編】

§温度の「華氏」はどうして「。F」?

ふだん私たちが温度をあらわすときに用いる記号は、「℃」と書く摂氏であるところが、温度をあらわす記号に、もう一つ「華氏」というものがある。そもそも、この華氏とはいったい何なのだろうか?
これは、一七二四年、ドイツの物理学ファーレンハイト(Fahrenheit)が温度目盛りを考え出したものである
彼は氷と食塩の混合物の温度を〇度、人間の体温を九六度として目盛りを刻んだ。この測定法によると、水の氷点は三二度、沸点は二一二度になる。
そこで、華氏をあらわす単位記号は、FahrenheitのFをとって「。F」となった。では、なぜそれを華氏温度と呼ぶのかというと、ファーレンハイトを中国語で表記すると「華倫海」となり、その頭文字に由来するというわけである
なお、摂氏温度への換算は、九分の五掛ける華氏三二度で得ることができるが、現在は、この華氏よりも摂氏の方が多く用いられている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670152

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト