MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 宗教

おみくじ
【東京雑学研究会編】

§おみくじは祭りの神役を選ぶためのものだった?

神社にお参りした後は、おみくじを引くのが楽しみである。吉が出ればうれしいし、凶が出ても、話のネタになる。
古い時代のおみくじは、祭りで神に仕える神役となる人を選ぶためのものだった。
地域社会の祭りでは、神役にふさわしい年代の人の名を書いた紙を、一人につき一枚用意する。それをまとめて神官が御幣を振り、そこについた紙に名前のある者が、神役を務めたのである
このように、集団の利益や意志をおみくじによって決定する習慣は、村の神社の祭りが盛んになった鎌倉時代に広がったようだ
ほかにも、農地に用水を引く順番、漁場の割り当てなど、話し合いだけでは解決のつかない問題に決定を下すために、おみくじが用いられた。
このようなおみくじは、公家や武家の間でも行われるようになった。室町時代には、六代将軍を決定するにあたって、有力守護大名らの意見が一致しないという事態になり、結局は石清水八幡宮でのおみくじによって、義教が選ばれている。
その一方で、個人の行動の吉凶を占うおみくじも、盛んに行われていた。有間皇子は、謀反の企てを実行するかどうか、短籍によって決定した。これは、紙を何枚にも細く裁って決定すべき事を記し、くじとするものである。聖武天皇は、臣下に品物を与える際、やはり短籍に「仁・義・礼・智・信」の五文字を書きつけ、くじによってどれを与えるか決めたという。
現代のような、運勢を占うおみくじが盛んになったのは江戸時代のことで、大きな寺社に参詣客が集まるようになってからである
ちなみに、あみだくじとは、阿弥陀仏の後光を書き、それをくじにしたものである。これによって、飲食の勘定の負担高などを決めたというから、現代の私たちと同じようなことをしていたといえよう。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670141

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  天気予報?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト