MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

アンクル・サム
【東京雑学研究会編】

§アメリカ人の愛称アンクル・サムは実在の人物だった!

アンクル・サム(サムおじさん)とは、アメリカ合衆国やアメリカ人を象徴するニックネームだ。United Statesの頭文字「U」と「S」が、Uncle Samと同じだからだと言われている。
風刺漫画などにも、星条旗模様の洋服に、シルクハットの立派なヒゲのおじさん、といったイメージで描かれたアンクル・サムをご存じの方も多いはず。
ところが、このアンクル・サムが実在の人物からとった言葉であることは、あまり知られていない。
その張本人の名は、サム・ウィルソン。独立戦争時代の人物で、一四歳で志願兵となり、退役後はニューヨークで缶詰工場を経営していた。
あるとき、工場にニューヨーク州知事らの一団が見学に訪れた。当時ここの製品は軍需用であったため、検査済の製品には「EA・US」という印が押されていた。EAは工場の親会社頭文字、USはアメリカ合衆国を表すものであった。
ところが、州知事が印の意味を尋ねると、従業員はアンクル・サム・ウィルソンの頭文字だと答えたという。
一八年後の一八三〇年、この記事がニューヨークの新聞のコラムに載って話題となった。ウィルソン氏はたいそう働き者で、新生アメリカの象徴ともいうべき人物であったことから、彼のような人物をアンクル・サムと呼ぶようになったのだ。
やがて一九六一年、連邦議会はアンクル・サム・ウィルソンを、アメリカの国民的象徴の元祖と認め、彼を手本に自らの政府の愛称もアンクル・サムとしたのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670035

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト