MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 目黒区

近代農法発祥の地・駒場
【きんだいのうほうはっしょうのち・こまば】

東京都目黒区にある場所。目黒区駒場2丁目にある水田はかつての駒場農学校農場の一部で、わが国で初めて水田での肥料試験が行われた地。それを研究した博士の名前から「ケルネル田んぼ」とも呼ばれている。明治時代に駒場農学校が開校し、近代農業の総合的教育・研究の場となる。1881年ドイツ人のケルネルが農芸化学の教師として着任し、土壌や肥料の研究を行う。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703725


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト