MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 目黒区

旧大山道

東京都目黒区にあった道路。江戸から神奈川県丹沢山塊のひとつ大山へ向かう道(大山道)の一つで、赤坂見附・青山・宮益坂・道玄坂を経て青葉台4丁目の大教寺前の旧大坂を下り、大橋氷川神社下を通って池尻へ抜ける道を指す。享保年間(1716-1735年)からの主要道で、現在の玉川通りがほぼこれに当たる。相州道・二子道・厚木街道・矢倉沢往環とも呼ばれ、伊豆の炭やわさびなどが江戸に運ばれた物資輸送路でもあった。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703724


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト