MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC医療・健康 > 技術・仕組み

レセプト債
【れせぷとさい】

 医療機関の診療報酬請求権(レプト)を基にした債権。日本の医療機関で受診した場合、受診者は診療報酬の一部の負担金だけを支払い、残りは医療機関が国民健康保険や健康保険組合に請求する。レセプト債はその権利を買い取って証券化したもの。診療報酬は請求から支払いまで2カ月ほどかかる。すぐに現金が必要な医療機関はこの権利をファンドなどに売却し、ファンドは診療報酬を基に債券を発行し、運用する。確実に支払われるため、リスクが低いとされる。
 しかし、2015年にレセプト債を発行・運用していた資産運用会社など4社が破綻して投資家が227億円もの償還を受けられない可能性があるトラブルが起きている。(A:2016/3)




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425635


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト