MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABCイベント > 社会運動

ピンクリボン

ピンクリボン

ピンクリボン(Pink ribbon)とは乳がんの正しい知識を広めたり、乳がん検診の推進などを呼びかける世界規模の啓発キャンペーンであり、シンボルピンクリボン運動は1980年代の8人に一人が乳がんともいわれたアメリカから始まった。
フォード、レーガン前大統領夫人は、襟もとにピンクリボンバッジをつけ、自らの乳がん体験を公表、クリントン前大統領10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」と制定するなど、国を挙げての取組みとなったこともあり、1990年代から急速に広がりを見せた。

およそ15人に1人の女性が一生のうちに乳がんと診断されている日本でも、東京タワーピンク色にライトアップしたイベントが開催されるなど2000年頃から運動が盛んになる。
行政、市民団体、企業などが独自のピンクリボンマークを掲げ様々な活動を行うようになり、その規模は年をおうごとに拡大している。

ピンクリボン以外にも、赤白黄色等々様々な色のリボンを掲げている取り組みも多く、同じ色のものでも全く違うものも多いため、誤解の無いような使い方が求められている。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425503


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト