MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

原爆症
【げんばく・しょう】

被爆による健康被害の総称

広島・長崎に投下された原子爆弾による放射線を浴びて生じた健康障害のこと。被爆直後に発生する発熱や下痢、脱毛などの急性原爆症と数十年経過後に生じるがんや白内障などの晩発性原爆症がある。

厚生労働省は、被爆者から原爆症認定の申請を受けると、当時の被爆した位置から体に浴びた放射線量を求め、年齢や性別などの特徴から原爆症の発生リスクを計算する。しかし、被災地から遠くにいた場合や原爆投下後に降った「黒い雨」を浴びることで原爆症につながった場合など、認定の基準が厳格すぎて認定が得られないこともある。

厚生労働大臣が原爆症と認定した被爆者には、「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」に基づき、毎月137,430円の医療特別手当が給付される

広島地方裁判所は4日、国が原爆症と認定しなかった処分の取り消し求めていた41人の被爆者と遺族に対し、国の不認定処分を取り消す判決を言い渡した。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425400


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト