MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

法定利率
【ほうてい・りそく】

法律で定められている利率

契約において利息を付けることになっているにもかかわらず、その利率を具体的定めていない場合に適用される利率のこと。

法定利率には、民法により定められた利率と商法により定められた利率の2種類がある。金銭貸借など民事上の債権は民法で年5%(民法第404条)、商行為ついては商法では年6%(商法第514条)の法定利息が規定されている。

法務省は、民法で規定された法定利率について、現行の年5%から引き下げる方針を固めた模様だ。早ければ2009年の通常国会での法改正を目指しているという。

・現行5%の法定利率、引き下げへ…逸失利益算出などに影響(読売新聞)
(PC)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070715i101.htm




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425357


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト